厚手7オンスクラスゴールドタグ 過去モデルとの変更点

zentai
 2012年初頭から、現行モデル生産委託先社長とともに、最高の厚手Tをつくって責任もって販売する その一心で3年半にわたり、ありがたくも多数のすばらしいお客様みなさまに恵まれ、やってこれました

The best or nothing.
最高か、なにもなしか。

 厚手Tシャツを愛する方にこそ、もっと喜んでいただける品であること
2015年秋までモデルを一旦完売し、さらに喜んでいただける品を目指して現販売モデルとしてこの度、一新しました 一旦完売して新モデルにする=店主の性格?方針?は、ぼくこそが、最高の品と思えてないのなら、ちょっとでも隙があったならそれはお客様におすすめするべき品ではないと考えるからです いつだって、たとえば考え抜いた新モデルができてきた瞬間から、また次にさらに喜んでいただける品をいつも目指しています

 実際、過去3年半で2回、すべて完売させてからモデルチェンジし、新モデルにしてきました 今回は3年半で3度目の大モデルチェンジです 振り返れば毎年完売させてることになります あほですね(笑)

 Tシャツ屋であるぼくこそが、一点のよどみなく100%の最高だと考える厚手Tを、お客様みなさまに、これからもいつも、ずっとお届けしたいと考えていますそのためには、値下げ損などもちろんしたくなくても^^これからもきっとたぶん、変えていくことになるのだろうと思っています 

W


サイズタグを従来のネック縫い付けから、現販売モデルより生地に直接圧着プリントにしました
シルバータグ ゴールドタグとも従来のステッチなしネックから、Wステッチ仕様にしました
=従来のステッチなしネックでも、問題はまったくなかったのですが、脱ぎ着の際のネックの感覚的な強度感が足らない感じがありました これの改善、改良のためです

neck

窮屈でなくゆったりでもないネック

上から
2015年までモデル
ネックバインダー仕様試作品
現販売モデル
480

 2015年までモデルではきつめに見えても、生地自体とリブに伸縮を持たせたことで、特に洗濯後のしまった感じからおよそ10分着用でなじんでくるネックも好評でしたが、ネック襟ぐりから肩周りへの若干の窮屈感が特にがっちり体型に方にはあったように考え、一新することにしました

 試作品では若干拡げることと、バインダーをつけてみましたが、こどもっぽい印象になることと、強度的には実はまったく意味のないバインダーをやっぱり使わないことにしました (その下のネック縫製の質こそが伸縮性がありながら丈夫なネックの両立の大事なポイントです)

#バインダーテーピングか本縫いか どちらがベターか?

sode

袖を若干短くしました

上の画像
下が2015年までモデル
上が現販売モデル


そでたけ



下の画像
下が2015年までモデル
中が現販売モデル
上が試作段階での極端に短めの袖丈



袖丈は短ければかっこいいってものではありません 袖丈が気になってしかたがない方のへの試作段階画像です
#かっこいいフォルムのイチバンのポイントはシャープな袖まわりです


 画像上の試作Tシャツのように、あきらかに短めなデザイナー系の一部ではたしかに存在はしますが着る方がとても限られてしまう、はっきり短すぎる袖丈になってしまい、このような短すぎる袖丈は見た目に変わった品=奇をてらうにすぎない=かっこよくもなんともない とぼくは考えていますし一般的には短すぎることでのクレームが必ず届くことになります

それでも極端に短いのがお好きな方は着丈のお好みも含めて、デザイナーブランドなどと呼ばれる?品で探されることを、おすすめします ぼくはやらないよってことです
kitake
着丈も若干短くしました

着丈も若干短くしました


下が2015年までモデル
上が現販売モデル
S/63cm M/65cm L/67cm LL/70cmにしました
2015年までモデルよりご覧にように、約4cm短くしました



着丈も短ければかっこいいってものではありません

 いただける問い合わせで身長172cmの方で Lで62cmくらいのを探してるんだけどどこにもない などいただけますがそんな短い丈は、袖丈と同じく見た目に変わった品=奇をてらうにすぎない=かっこよくもなんともない とぼくは考えていますし、一般的には短すぎることでのクレームが必ず届くことになります

それでも極端に短いのがお好きな方は袖丈と同様に、デザイナーブランドなどと呼ばれる?品で探されることを、おすすめします ぼくはやらないよってことです



デザイナーブランドなどでしか存在しないであろう丈の品を探されるよりも、丈がお好みよりは少々長いだけで他にはご不満がない品を、市中に存在する洋服の直し屋さんで短くしてもらえばおおよそ2000円もだせば必ずやってくださいます



 尚、ゴールドタグの生地は縦方向での洗濯縮度は小さく、15mm前後が洗濯での(乾燥機は×です また洗濯/乾燥の状況、方法で数値は変わります)収縮になります
armhole

そでたけ
長袖での袖を若干長くしました

下が現販売モデル

画像では4cm差がありますが、これは洗濯乾燥テストで、乾燥機でわざと縮度最大にした数値の差です  実際には袖丈は2015年までモデルより2cm長くしています

アームホールから袖先までの美しくじょじょに狭くしているテーパードラインはそのままであり、袖をまくった際の絶妙にひじで止まる具合もそのままです 特に飲食関係のお客様どうぞご安心ください

4252
肩幅を数値で判断されるのはマチガイの元です
肩、袖のカッティングでTシャツのスタイル/着用感は大きく変わります
肩幅について詳しく

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎


トップページ/HOME
365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:
問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS TEL:080-3834-1923 / 075-888-1107