「いい色」 と言われる理由があります

1)プレミアム先染め 杢調ヘザーカラー
最高の着心地、生地そのものの高級感 すべてが別次元。芯から染まった糸になってから反に編むことによって長期間この色をキープします 色表現+着心地のすばらしさによって、日本製Tシャツとして最高峰となるのが、先染め製品とされています
 先染めとは白、紺、黒など染めカラーとはまったく異なる生産工程です 1)糸の段階で染めてから編むので芯から染まり、色あせの心配はほぼありません 2)反にする 3)カッティング 4)縫製工程を経て製品となります 糸の生産段階から、弊社の完全別注で生産しています 価格は安くはないです Tシャツを極めたい方への特別な品です nutsシリーズは杢調カラー含む全色、日本生産ならではの綿100%です

ヘザーナチュラルヘザーモカベージュダークヘザーグレーヘザーインディゴヘザーネイビー

 2)染めカラー
 日本製品Tシャツでもっとも一般的な色出し手法です やわらかな生地の性質+日本染色により糸の芯まで染まった最高の染め上がりです 感性が「いい色」と感じる、われわれのDNAに存在するカラーです
nutsシリーズは全品和の色=日本古来の伝統色で色出しです

白と黒、この最もシンプルな2色にこそ「ジャパンカラー」と言われる、日本染色ならではの、日本人が感じる「いい色の白、黒」があります

 白は青っぽくないナチュラルな白
 黒は漆黒(しっこく)
黒こそは染め工場の経験と技術とセンスが色になる、表現がもっとも難しい色です。nutsシリーズは、劇場などの緞帳(どんちょう)に使われる、もっとも高級感のある真の黒。>これぞまっ黒と言われるジャパンカラー「漆黒ブラック」で仕上げています


color

侍

 染めカラーとは
1)染める前段階の糸を生地に編む=専門語で「きばた」反生地にする 2)反の段階で染める 3)カット 4)縫製工程を経て製品となります

日本染色だからこそ和の色=日本古来の伝統色

made in kyoto japan 日本製

無地Tシャツ
白はまっしろ 黒はまっくろであること。 この2色にこそ日本の色があります

無地Tシャツ無地Tシャツ 無地Tシャツ無地Tシャツ

新色 ダークネイビー新発売
ダークネイビー

比較

The Samurai Black. 
武家社会の歴史、真の正装が必要な京都御所がある伝統産業の要の地、京都ならではの日本の紋付袴(もんつけはかま)染め手法での深黒です 新品時の深黒を長期間保ちます The Samurai Black くわしくご説明ページ


Crafted With Pride. 100% JAPAN MADE

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎


トップページ/HOME
365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:
問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS TEL:080-3834-1923 / 075-888-1107