365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS TEL:080-3834-1923 / 075-888-1107

社長ブログ


2016_01_08 プロダクトアウト  マーケットイン

なにがもっと売れるか=商売を、既存の品から発想するのはアマゾンや楽天、ヤフーさんにまかしておけばいい。彼らはこれが仕事だ。  実際に現場で品を販売する商人は、お客様に、自分は、自社はなにを、どんな品を売っていきたいかだけを突き詰めて考え抜いて、品にどんどん具現化していくのみだ。既存の品や「今、売れてる品」など、なんの参考にもならないし、参考にすべきじゃない。なぜならお客様にとっては、「見たことがある品」にすぎない。  商人が売るべきは、creative=創造からの品であること。そう感じていただける品であることだ。  プロダクトアウト  マーケットイン
 どちらも小難しい商業用語だが、意味はまるっきり反対だ。  プロダクトアウト
お客様に買っていただいて満足いただける品とはなになのかを売る側で、つくる時点=プロダクトから考え抜いた品、つまり売る側こそが、お客様にこれをぜひ買っていただきたいと100%思い、自信をもっている品のみだ。商人としてホントはアタリマエのことだがプロがつくってプロが販売するプロの品。ということ。
 マーケットイン
 =消費者様からの意見を品に反映する発想  一見正しいが、実はcreativeのかけらもない。考えればすぐわかることだ。
できるだけたくさんのニーズに=× ぼくはそんなのは自分では買わない
できるだけ安い=× ぼくはそんなのは自分では買わない
できるだけよく売れる=× ぼくはそんなのは自分では買わない  アマチュアさん(大切なお客様であっても)からの意見を聞きすぎた品は、危険な言葉をあえて書けば、お客様の意見を聞けば聞くほど、どこにでもあるごく普通の、絶対価格がただ安いだけの無難な品になる こういう品を売れない品と言う。

 プロが発想から創造し、つくって販売するプロを感じる実力と工夫を持つ品と、
アマチュア=創造しない商人が、ただそこにあるごく普通の品をただ販売するだけのアマチュアな品。
どちらがお客様に買っていただけるだろうか。
あなたはどっちを買いますか?

 買おう って決断いただけるはどっちだろうか。  簡単に言ってしまえば、販売側主体でぜひ買っていただきたい品を自社視点で一切の妥協なく、しっかりつくって、はっきりこれだと決めて販売しよう。ぼくはプロダクトアウトの方針だ。お客様に「あなたはこれを買いなさい」ってはっきり言える品ってこと。

  商売はプロダクトアウトに決まってるやん^−

facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME