365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS TEL:080-3834-1923 / 075-888-1107

社長ブログ

2014_05_23 「家で着る冬の上下」 この冬に「必ず」つくります)

・冬、家に帰って、寝るまでに着たくなる上下
・和風素材でのゆったり感をもった洋風のつくり
・基本は和風、形は洋風 だからこそ身頃、肩袖はゆったりつくる>袢纏並み


・ほこりがつきにくいこと>表地の選択が重要
・ほこりがつきにくい、綿などがでない(細かい手仕事の職人さんもイメージ)
・家でお仕事される職人さんにもベスト、座って仕事されることもある
 >特にソデまわりはゆったりと

・冬のサーフィン行きなど、車内ではダウン製品は暖かすぎる=暑すぎない綿入れでOK
 >そのまま仮眠でもOK つまり、ゆったりめにつくること

・暖かすぎない、かさばりすぎない。しかし綿入れ(またはキルト裏地)
・表素材、綿入れ、すべてに日本イチのM織物さんに相談 よろしくお願いします

・商談5月>サンプル6月/7月>7月に確定>8末〜9末納期>翌2月まで販売予定
・商談してからだが販売価格 上下セットで4万円〜5万円クラスの「一生モノ」でつくる



■以下、展示会に持参
画像1 チャンピオンスウエット
・米国日本も含めて、他とは一線を画する特に肩袖がアホみたいに広い(深い)袖ぐり
 >重要なフォーマットになる

画像2  スウエットパンツ nuts 自社製品
 >流行など気にしない、はきやすさ、着用感を重視したすこし深めの股上、ももまわり
  重要なフォーマットになる

 



■他画像 M織物さん生地イメージサンプル いろいろ見せてもらう アイデアをいただく
 そのために展示会に行くのだ。

・最もほこりがつきにくい生地は?
・スソは和風ならヒモ  洋風ならリブ  検討
・上は合わせにしない 合わせなら薄めの袢纏になってしまう
・クルーネックでまずつくる  経験則でこの手の綿入れでのパーカは、フード部が素材適正上、ふにゃっとならないのでかっこわるい=やらない(たとえばcarhartのパーカのゆように、しゃきっとしすぎてしまう)

iegi iegi

iegi

iegi

iegi

iegi


高知の某氏が、家で着る服のイメージ

taketora



facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME