365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS TEL:080-3834-1923 / 075-888-1107

社長ブログ

2012_11_02 
レッドタグ向け生地サンプル到着 しかし、さらに厚手試編みを待つ

redtag 左 20/40/10  右 20/30/10
見た目、同じように見え、触っても、比べながら気にしてさわらなければわかりにくいが、番手が1段階変わるだけで肌ざわりはかなり異なる しかし、現時点ではこのどちらも却下。 来週早々に14/30/7のもうすこし太い糸でもうすこし厚手のサンプルが届く。 


さらに同時進行で、オタクレベルの方だけしか興味が無い(笑)どうでもいい?ような、実は重要なことだが、W県/吊り編み機編みたての、日本最高と言われる誉れ高い工場さんに、ぼくの望む風合いサンプル試編みを、お願いしている この工場さんに、さらに糸は最高級コーマ/度詰め編みたてでお願いしてるサンプルがたぶん、来週に届く。 


レッドタグは、スゥエットオタクの方に挑戦する気で、かってない厚手、最高の編みたて、縫製で試作していく これがなにを意味するか。 コストをまったく気にせずやってみる ということだ。というか、「コストを高くするにはどう進めていくべきか?」と、いっしゅ、商売原則?を無視して、すすめている。

まちがいないのは、売価は2万円ほどになるだろう。ということだ。

どこも、だれもやらないのならぼくはやってみる。 いまだかって見たことはない品だ。と言われる品を、必ず実現し、世間の「最高の品で、最高にかっこいいスウエット」を望まれる方だけに、販売していくのだ。

OEM製造委託先社長と、今日の朝、また相談していた。

曰く、「30年前の、20歳の頃着ていた○an jacketのトレーナー あれは最高やったね」とか、「やっぱり、あの頃の、あの厚手、米国○hampionの裏毛、あれの半袖、おれ、持ってるよ」とか、オタク中のおたくかつ、50歳以上の、しかも業界おっちゃんしか決してわからない話がでてくる。
こんな話を、委託先と生地の風合いの「感じ」を共有できることが、ホントに強みだと思う。


試作を終えて、早く発売したいけど、まずは満足いただける、ぼくも「これなら!」と満足できる生地をつくるんだ。 来年になってもかまわないと思っている。ここであせったらいけないんだ。

スウェットオタク中の、スペシャルオタクの方に、劇的に喜んでいただく品のために、日々挑戦だ。

redtag


facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME