365日/24時間お問合せ歓迎 皆様を友人と考えてご対応を心がけています:問合せフォーム/メール/LINE/Facebook/SMS TEL:080-3834-1923 / 075-888-1107

社長ブログ

2012_09_26
衣料における季節、販売実需期の考え方

24節気
百貨店などでよく言われる1年間週ごとの、53週MD(マーチャンダイジング)=細かすぎるんちゃうの?とは思うが。  日本には、すばらしいことに24節気がある。これによると、今日は2012/09/26だから、直近でわかりやすいように、次の24節は10月8日の寒露(かんろ)>10月23日の霜降(そうこう)>11月7日の立冬(りっとう)>11月22日の小雪(しょうせつ)>12月7日の大雪(たいせつ)>12月22日の冬至(とうじ)と続く。 もうすぐに、冬はやってくる。

衣料品で置き換えれば、今日>10月8日までに、一日中長袖を着る時期になる
(だから衣替えが10月1日なのだが) ぼくは今日、なにをお伝えしたいか。



今は、真冬でない秋冬商品を一生懸命売る時期
ぼくの考えは、53週MDまではとてもいかない^^ 自分で理解しやすいように、一年を6等分でMDを考えている。具体的には、今の時期からだと9/10月が秋 11/12月が冬 1/2月が真冬 3/4月が春 5/6月が初夏 7/8月が真夏 つまり、偶数月の終わり/奇数月のはじめが季節の変わり目=衣料のでは、ここが、袖の変化と、冬から真冬ではコートなどアウター品など、売れる品=販売していく実需の品を変えていくべき「日」となる。 季節感豊かな日本では、ポイントとなるこの日での季節感のズレは売る側では致命的になる。お客様におすすめすべき品は、今日2012/09/26なら、秋に一番の需要となる長袖の衣料であり、裏が綿の(真冬ものではない生地の)スウェット類である。



次のメイン販売商品の変化になる日は10月31日
奇数月の月末=今は、今の秋衣料のさらなる充実と同時に、11月からの「冬」商品の仕入れ、ネタ探しを一生懸命やる時期だ。よし、今週末は長袖製品メインで販促をしていこう。 買ってね^^

facebook岸本の日常

受注>発送 / 送料 / 決済

お問い合わせ歓迎

ブログ / FAQ

会社概要 / 代表岸本について

厚手無地Tシャツ 一般厚手無地Tシャツ Vネック ヘンリーネック無地Tシャツ 長袖無地Tシャツ ポケット付無地Tシャツ 米国ブランド無地Tシャツ 無地パーカ 無地スゥエット 無地トレーナー
ナイロン マウンテンパーカ ジャンパー ジャケット デニムシャツ ネルシャツ ボタンダウンシャツ 無地ポロシャツ ドライ無地Tシャツ レディース無地Tシャツ トートバッグ ソックス バンダナ 最近の新入荷

トップページ/HOME