米国無地Tシャツ通販 京都イージー:TOP  カート内を表示
May i help you?  お問い合わせいつでも歓迎 >店主24時間TELサポートへどうぞご連絡ください>
お問い合せセンター

 

一般厚地Tシャツ 厚地Tシャツ 薄手Tシャツ 米国ブランドTシャツ Vネック ヘンリーネックTシャツ 長袖Tシャツ パーカ スゥエット デニムシャツ ボタンダウンシャツ ナイロン マウンテンパーカ ポロシャツ ドライTシャツ レディースTシャツ トートバッグ

 

Tシャツ
< blogトップへ

 

TOP > ご連絡お問い合せ


2012_12_05
寄稿


題名:商品は仕入れるものにあらず。 自社ブランド=自らつくる


帯書き:strikes back. 2013年 逆襲の時が来た。
    志高く。 これからの10年のために、今こそベクトルを原点に戻す。




1月/2月/6月/9月の、勉強合宿などでの僭越ながら決定している自分の講演のために元ネタ。

自分を忘れない、見失うことがないように。
また参考になれるのなら、商人同志みんなの2013年のために。

本章 : 前書き

1)ぼくも商人、他人様の話をお聞きするときに、数字のない話は素通りしていくだけだ。これがわかっているから、手前ミソで、恐縮だが売上/赤字/黒字から書いていく。


 ■ブログでは、数字は割愛しています■


・年商 
2009年/万円 > 2010年/ > 2011年/ > 2012年11月末まで/万円 12月末万円予定
         2010年 2011年 大赤字  2012年少ないながらも黒字
  2012年は、昨年対比120%となった。

 来年2013年は、125% 万円を必須目標としてやっていき、V字回復したで。 まで必達する。
これでいいのか? いいわけないが、売上を伸ばさないのに利益が増え、借金をどんどん返せるとは思えない。すべてのために、売上/利益を同時に必ず大きく伸ばす2013年にする。

 

2)競合のレベルが変わった。まずこれを認識しよう
 アマゾンでは、年会費3900円を払い、プライム会員になると「当日便含めて」送料が無料。つまり、送料をまったく気にずる箏なしで買い物が可能だ。
http://www.amazon.co.jp/gp/prime
楽天でも、あす楽 yahooではきょうつく、あすつくなど、様々なチャレンジがみられる 大事なことは、今後は、食品などでの加工がない商品の納期面では、注文翌日に届いて、それでアタリマエになっている(なっていく)ということだ。

 

3)断言しよう、スムーズに仕入れることができる商品だけを売っているのでは明日はない。
2009年/万円 > 2010年/ > 2011年/ > ぼくの2010/2011年の売上の劇的低下は、このままだ。「スムーズに仕入れることができる商品だけ」を売っていたからだ。さらに、2009年までの、全在庫/即日発送体制から、その無理なことを実感し、2010年/2011年は納期面からの世間の流れから逆行のリスクを考えながらも、いわゆる品揃え数増のために、「スムーズに仕入れることができる商品だけ」を、基本的に受注/発注の流れ、つまり翌日発送体制に完全に切り替えた。それでなにが起こったか?

・年商 2009年/万円 > 2010年/ > 2011年/
    2009年/黒字  2010年/赤字  2011年/大赤字  
 こうなった。 在庫が減って(仕入れ商品の在庫高金額は万円>はてしなく0円になった
 在庫高金額が少なくなっていいことあったか?経営的にはプラスになったとは言い難い。

 

4)ぼくと同じ、経営上の失敗は仲間、同志にしてほしくない

 手持ちの商品在庫高金額がなくなっていくことに比例して、売上/利益は減っていったのだ。経営のもっともまずい「縮小均衡」になっていったということ。これでいいわけない。

即納体制=どこに品があるかが問題ではなく、仕入れた=買い掛け金をすでに払った商品がどこかに一時的でも滞留し、そのコストを負担するということだ。

 

5)あなたはどっちを選ぶのだ?
 即納体制=全在庫 翌日以降発送体制=工夫によっては在庫商品を持たなくていい体制(品切受注がない体制は常識として)

 

6)あなたの競合、ライバルは同業店ではない。
 アマゾン/楽天/ヤフーという店である。(グーグルかもしれない)これらの店より、あなたの店がお客様が買われるメリットが価格なのか納期なのか、いずれか、またはどちらかが強烈に勝っていなければ、お客様から見て買われる理由がないのが、すでに今である。またこれは、2013年以降、必ずさらに加速する。これが、今のあなたの商品、「スムーズに仕入れることができる商品」だけを売っているお店の直面の現実だ。売上/利益アップの道が、方法がどこにあると言うのだ。ぼくと同じ、経営上の失敗は仲間、同志にしてほしくないのだ。断言しよう、業界ごとでの多少の年月の差はあるとしても、(ぼくの無地Tシャツ業界は、大手メーカはすべてcsvなど、システム化され、メーカーでの品切受注はほぼない体制が確立されている)今のままなにも変えないのなら、悩むだけの日を過ごすのなら、ぼくが通ってきた道のように、あなたの売上は程度の差はあれ、毎年必ず減り続けていく。政治とか業界とかの問題ではない。商売での経営責任は常に自分自身にある。

 

7)だったら、2013年に向かって、今、なにをすべきか? 自分のブランドをつくれ。

 これからの10年のために、今こそ、ベクトルを商売の原点、「自分の品は自分でつくる」に戻すんだ。

 問屋、メーカーにぶつぶつ文句言うな。言ったところで業績もよくないのに、どうせ基本的な(おもしろくもなんともない)、これまでの継続商品しか彼らはつくらない(だって、それが彼らのメシのたねだ)だったら自分の商品をつくるんだ。問屋、メーカーでの既存の商品へのあなたのボヤキを、商品に具現化できる、それをする、できるのは、その道に深い、商人であるあなたしかいない。今しかない。すぐやるんだ。

 

 

8)明日も書くぞ   本を書く勢いで、サボらずしばらく書く。

 これを続けていけば、出版会社から声がかかり、「本にしたい」のオファーがくることは1996年に経験済みだ。本を出すことに興味はぜんぜんないけど(だってお金にはならない。とも言えるし、ぼくの仕事は商売そのものである)、「本を書く勢い」はがいかに大切かは知っている。 出版社側視点で考えれば、売れる本とは、勢いのある文章でなければ、本にする理由がないのだ。

 

 公開ブログにも(数字だけカットして)自分のためにも書いていく。

1章  売れない理由なんてどこにもない。自分のブランドをつくれ。

nuts

【nuts】(and bolts) (ナットとボルトの)ナット
【nuts】(物事の)基本[構成]、要点
【nuts】熱中者〜「Tシャツ一代」 
    その道のあほ(笑)みたいなスラング/米国俗語です 



facebook岸本の日常






Tシャツ

may i help you?
?なこと/ご不明な点、ご心配ごとはいつでもお問い合せください 24時間TEL対応店主岸本、即答します

 

 

ページトップへ
Copyright (C)  EASY co,.ltd / EIJI KISHIMOTO All Rights Reserved.   EASY.NE.JP

一般厚地Tシャツ 厚地Tシャツ 薄手Tシャツ 米国ブランドTシャツ Vネック ヘンリーネックTシャツ ドライTシャツ ポロシャツ デニムシャツ ボタンダウンシャツ 長袖Tシャツ パーカ スゥエット ナイロン マウンテンパーカ レディースTシャツ トートバッグ