米国無地Tシャツ通販 京都イージー:TOP  カート内を表示
May i help you?  お問い合わせいつでも歓迎 >店主24時間TELサポートへどうぞご連絡ください>
お問い合せセンター

 

一般厚地Tシャツ 厚地Tシャツ 薄手Tシャツ 米国ブランドTシャツ Vネック ヘンリーネックTシャツ 長袖Tシャツ パーカ スゥエット デニムシャツ ボタンダウンシャツ ナイロン マウンテンパーカ ポロシャツ ドライTシャツ レディースTシャツ トートバッグ

 

Tシャツ
< blogトップへ

 

TOP > ご連絡お問い合せ


2012_11_05 
ネットで商売する=5つのポイントの内、なにかでNo1でなければならない

no1

 

なにかでNo1でなければ買っていただける理由がない。

お客様の欲する/探される、または思いもつかずに「これ欲しい」と気づいていただける品、およびその商品群/ジャンルのなかで、品揃え/安さ/納期/信頼性/品質この5つの内、なにかでNo1でなければ買っていただける理由がない。 


ネットでなにかを探す時、買う立場で欲しい品でベストでなければ、

宅配体制が究極に発達=納期面で日数的、距離的な制約が日本全国どこであっても、ほぼないといえるネット通販界では、買っていただける理由がないのだ。

 

(本に代表される)型番商品
型番商品=メーカー段階からの型番での流通にのっている=メーカー>卸>小売>お客様、またはメーカー(生産者)>小売>お客様、さらに、ネット通販ではメーカー(生産者)>お客様への究極の中抜きもありだ。つまりなんでもありだ。

 

安さ=数字 数字での並べ替えはコンピュータの最も得意とするところ

型番商品である限りは、お客様から見て納期が同じであれば、だれだって安く買えるほうがうれしい。つまり、型番商品では、いかに安く販売し、継続的にやっていけるかは、あらゆる意味での「システム」が商売の勘所になる。安く売ることがすべての考えでは、品を売る商売であるにもかかわらず、品そのもの以外の比重が高くなってしまうのだ。

 

品を実際につくる=クリエティブな部分=人間の頭脳で、より良い商品を考え、具現化し、品へ実現する場面があるのはメーカー(生産者)のみとなる。たくさん売れれば売れるほど、クリエティブな部分を持つ上流=メーカーに利が集中するのはあたりまえのことだ。


商売人よ「価格競争だから」って、言うな。「ぼくあほや」と同義語だ。 くやしかったら自分の頭を使えるメーカーになればいい。それだけのことだ。

 

ぼくは工場ではないが、まだまだ足らないまでも品への思い、ノウハウと、

「自分ならこういうふうに品をつくりたい」、そしてそれは「きっとわかっていただけるお客様は存在するはずだ」という「強い思いこみ、意志」は持ち得た。そして、この思いを真に実行していくのは今だ。と確信と、「失敗したらやばいで」のびびりを両方持ちながら、不安4分、確信6分のギャンブル、「本気の自社ブランド」を始めることにした。

 

ぼくの品の強みは品質、というよりは日々着ていただく着心地だ。

質を売る、着心地を売る=そう、説明しにくい。なぜならこれは個人主観だからだ。他業界をたとえて恐縮だが、300円の牛丼もおいしいし、3000円の牛丼はやっぱりおいしい。100円回転寿司もおいしいが、1貫1000円の寿司もそりゃおいしい。たまたまかもしれないが、この両者の品単価は10倍違う。Tシャツも同じように、100円ショップでも百貨店1万円(これは100倍)でもどちらも違和感を感じない。これが個人主観というものだ。

 

悩んでいるヒマはない。

徹底的に「ぼくが着たいTシャツ、スウェット」に、究極的に仕上げる。お客様には失礼かもしれないが、お客様の意見は基本的には聞かない。聞かれても色、サイズなど、失礼ながら「生地、縫製」の、品の本質とは異なる点のみを聞かせていただくに留める。なぜならぼくこそがここをしっかり思っていなければ、ぼくこそが自分の販売したい品のポイントの本質、「日々喜んで着ていただく着心地」からずれてしまうのがわかっているからだ。

 

ぼくの品へのブランディングは、記号ではない、ロゴマークでもない(こともないが^^)

着るたびに、「お、今日着ているのはnutsだよ」と、着心地で、お客様に思い出させることがぼくのブランディングだ。つまり、品そのものこそがぼくのブランディングである。記号はあとでもいい。10年間は着ていただけ、はずれたりしないようにタグを、頑丈に縫い込んでいるが、たとえロゴの編みネームがはずれたりしても、着心地でブランドを思い出していただくこと。ぼくはここを狙っているし、現在のところ、おかげさまでお客様に圧倒的に支持いただけている。

 

Tシャツの支持はお客様の買われ方でわかる

Tシャツが好きな方=すでに現在、自分のお気に入りのTシャツ、ブランド、品番が存在する。自分のお気に入りがある=Tシャツを好きな方だ。ぼくはこういった方に買って欲しい品をつくり、販売しているのだ。つまり、お客様それぞれにとっての、「ブランドチェンジ」、たとえば乗ってる車のメーカーを今度は変える/変えないくらいの決断いただくことをようする。つまり、はじめから3枚以上買われる方はありがたくも少数だ。

ほとんどの方は1枚または2枚から買われる。これを確かめられてから、本格的なブランドチェンジ=3枚以上のお買い上げとなっていく。この割合がおかげさまでどんどん増えている。こいった売れ方をしていってほしい。と思っていたとおりにおかげさまで買っていただけている。欠品が起こらないように、どんどん入れてるつもりだが、売れ行きのほうが早い状態がうれしくも続いているのが現状だ。

 

 

さらにチャレンジ、ぼくこそが着たいさらに厚手のパーカ、スウェットトレーナーをレッドタグシリーズでつくる

先に発売のnutsパーカ/スウェット GOLDタグシリーズ こちらは真夏はちと暑く、真冬はちと寒い よくいえば年間素材、年間通じてもっとも活躍する厚さの素材、たとえば真夏の山行きにも最適かつ冬の家着にも最適だ。

 

12月販売開始予定で、今、細部を詰めているレッドタグシリーズ

レッドタグのコンセプト=レッドホット 好き嫌いがはっきり分かれる、ぼくこそが一番着たい品=レッドタグ 以前販売していたTシャツレッドタグは、高いネックゆえに、早く擦りきれることをわかっていて、通常のつくりでのめいっぱい高く、さらにクレーム寸前の、狭いネックまわり、(首が太い方は着られないレベル)の超くせありアイテム。少数の熱狂的狭め、高めネックを、好きな方だけへのアイテムでした。

redtag

 

このコンセプトを、パーカ/スウェットトレーナーで表現する。

ゴールドタグスウェット=年間通じてもっとも活躍する厚さの素材とは「まったく異なる」。たぶん真冬しか(厚くて暑すぎて)着る気になれない厚手、断じて裏起毛ではない。裏パイルの厚地だ。言葉でしか説明できないが、なぜこのクラスの真の厚地裏パイルの製品が世間になかなかないか。その答えは「真冬しか(厚くて暑すぎて)着る気になれない」=生地屋、メーカーさんは「売れない」と判断されてるからだと思う。

 ぼくは考えがはっきり違う。まず、そもそもレッドタグはたくさん売れなくてもまったくかまわない。くせがあるレッドホットブランド。売る側のぼくがたくさん売れると思っていない。「冬にこそ、またサーキットやスポーツ観戦など、秋冬にこそアウターとして活躍する」 そして、最高にかっこいいこと。だってアウターだから。そんな品を、具現化するのだ。ただ今、生地のさらなる吟味中。

マニア中のマニアさん以外、どうでもいいレベル?のことだが、さるW県の日本に2台しかないと言われる、ほぼ伝説の(という売られ方のアパレルさんもあるので、実はぼくはさりげなく「いい厚手ですよ」とやりたいのだが)あの編み機で織ることになる予定だ。

このクラスでのやわらかさ+厚手+スペシャルな着心地にはたしかにあの機械しかないようにも思う。難点といえば、超旧式機械のゆえに織れる量が少ない(物理的な速度が遅く、早い機械の日あたり、数分の一も織れない)=高くつくことだ。コストはかまわないけど、売価が高くなる。たぶん2万円前後になる。でもぼくはやるよ。ぼくが着たいから。


ネットで商売する=5つのポイントの内、なにかでNo1でなければならない

=ぼくは、品の質そのものと、お客様からの「これ欲しい」では必ずの、No1の品を目指す。

 

それがnuts=品への愛されるあほで、いつもありたいと思うのだ。

 

nuts

【nuts】(and bolts) (ナットとボルトの)ナット
【nuts】(物事の)基本[構成]、要点
【nuts】熱中者〜「Tシャツ一代」 
    その道のあほ(笑)みたいなスラング/米国俗語です 



facebook岸本の日常






Tシャツ

may i help you?
?なこと/ご不明な点、ご心配ごとはいつでもお問い合せください 24時間TEL対応店主岸本、即答します

 

 

ページトップへ
Copyright (C)  EASY co,.ltd / EIJI KISHIMOTO All Rights Reserved.   EASY.NE.JP

一般厚地Tシャツ 厚地Tシャツ 薄手Tシャツ 米国ブランドTシャツ Vネック ヘンリーネックTシャツ ドライTシャツ ポロシャツ デニムシャツ ボタンダウンシャツ 長袖Tシャツ パーカ スゥエット ナイロン マウンテンパーカ レディースTシャツ トートバッグ